プロジェクト

全般

プロフィール

整備 #4132

インストールされているOpenRTM-aistのバージョン番号取得処理を見直す

n.kawauchi4ヶ月前に追加. 約2ヶ月前に更新.

ステータス:
終了
優先度:
通常
担当者:
対象バージョン:
開始日:
2017/07/04
期日:
進捗率:

100%


説明

  • プロジェクト直下のCMakeLists.txtの修正(C++, Python)
  • 取得したバージョン番号は、インストーラパッケージのインストール先パスの設定で使用される
  • Windows用の取得処理は定義済みだがLinux用は未定義だったので整備する
  • バージョン番号はOpenRTMConfig.cmakeから取得するように変更する
  • 修正内容は次の通り
    if(WIN32)
        string(REPLACE "\\" "/" OPENRTM_DIR "$ENV{RTM_ROOT}")
        string(LENGTH ${OPENRTM_DIR} RTM_ROOT_LEN)
        string(REPLACE "\\" "/" RTM_BASE "$ENV{RTM_BASE}")
        string(LENGTH ${RTM_BASE} RTM_BASE_LEN)
        string(SUBSTRING ${OPENRTM_DIR} ${RTM_BASE_LEN} ${RTM_ROOT_LEN} RTM_VER)
        string(REGEX REPLACE "/$" "" RTM_VER "${RTM_VER}")
        set(RTM_SHORT_VER ${RTM_VER})
        string(REPLACE "." "" RTM_SHORT_VER "${RTM_SHORT_VER}")
    endif()
         ↓
    find_package(OpenRTM)
    set(RTM_VER ${OPENRTM_VERSION})
    set(RTM_SHORT_VER ${OPENRTM_VERSION_MAJOR}${OPENRTM_VERSION_MINOR}${OPENRTM_VERSION_PATCH})
    -----
    set(OPENRTM_SHARE_PREFIX "share/openrtm-${PROJECT_VERSION_MAJOR}.${PROJECT_VERSION_MINOR}")
         ↓
    set(OPENRTM_SHARE_PREFIX "share/openrtm-${OPENRTM_VERSION_MAJOR}.${OPENRTM_VERSION_MINOR}")
    

関係しているリビジョン

リビジョン 744 (差分)
ga3ヶ月前に追加

Modified CMakeLists.txt #4132

リビジョン 745 (差分)
ga3ヶ月前に追加

Modified CMakeLists.txt #4132

リビジョン 756 (差分)
ga3ヶ月前に追加

Modified CMakeLists.txt #4132

履歴

#1 ga3ヶ月前に更新

  • ステータス新規 から 解決 に変更
  • 進捗率0 から 100 に変更

修正させて頂きました r744,745

#2 n.kawauchi3ヶ月前に更新

  • ステータス解決 から フィードバック に変更
  • 進捗率100 から 90 に変更

ありがとうございました。
修正して頂きましたが、Linux環境でのPython RTCはOpenRTMConfig.cmakeを見つけられないことが分かりました。

原因は今回の修正ではなく、projectの第2引数で指定している「NONE」でした。C++の場合はこの指定はありません。
Pythonの場合もNONEを外して下さい。

このことに関する動作確認の詳細は、CMakeのprojectの第2引数についての調査 をご覧ください。
よろしくお願いいたします。

#3 ga3ヶ月前に更新

  • ステータスフィードバック から 解決 に変更
  • 進捗率90 から 100 に変更

修正させて頂きました r756

#4 n.kawauchi3ヶ月前に更新

確認しました。ありがとうございました。

#5 n-ando約2ヶ月前に更新

  • ステータス解決 から 終了 に変更

他の形式にエクスポート: Atom PDF